エイジングケアできるオールインワン

エイジングケアできるオールインワンジェルとは?

年齢と共にあらわれてくるのがエイジングサインです。30代や40代になってくるとシワやメラニンの蓄積、たるみ、くすみ、シミなどが気になってくる人もいます。

これらが出てくる外的要因は仕事のストレスや住環境、季節、生活習慣など様々です。内的要因にはコラーゲンの生成量が低下してきているという事が考えられます。表皮の内側、真皮にはコラーゲンとエラスチンという線維があります。どちらも肌を若々しく保つためにとても大切なのモノですが、その中でも真皮の約7割はコラーゲンで作られています。
下から表皮を持ち上げていてコラーゲンが減ってきてしまうとハリや弾力がなくなりたるみやシワの原因になってしまうのです。

加齢していくごとにコラーゲンの消費量(分解量)が生産量よりも増えていってしまうのです。何もしなければ加速度的に老いは進んでしまうのです。だからこそ早め早めのエイジングケアが必要になってくるのです。

でも、あまり時間がかけられないという時に便利なのがオールインワンですよね。ただ、オールインワンでエイジングケアはできるのでしょうか?

オールインワンでもエイジングケアできるの?


オールインワンは化粧水や美容液、乳液、クリームなどの働きが1つになった化粧品です。とても便利なので育児や家事、仕事で忙しくて美容や化粧、コスメに時間が取れない人に人気の化粧品です。

でも、オールインワン化粧品は品質が良くなさそうでエイジングケアに向いてないかもと考えていないですか?最近ではオールインワン化粧品は色々な商品が発売されていてそれぞれに特徴や特化した商品もあります。しっかりと配合されている成分を見て購入すればエイジングケアも可能なのです。

保湿のバランスを意識する


肌トラブルの原因の多くは肌の水分量(油分量)のバランスが崩れることによっておこります。肌の潤いやみずみずしさがなくなり乾燥肌になると肌のバリア機能が失われ紫外線やホコリ、雑菌から肌をうまく守れなくなってしまうのです。

また、乾燥肌はシミやシワ、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを引き起こしていきます。もちろん、エイジングケアや美肌に効果があるどんな美容成分が入っているのかも大切ですが、エイジングケアには角層から基底層までの表皮の健康を保つために保湿のバランスや新陳代謝(ターンオーバー)を正常に保つための成分がしっかり配合されているのかも大切です。

オールインワン化粧品は潤わない印象を持っている人もいるかもしれませんが、しっとりプルプルにしてくれるオールインワンジェルもあります。コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、ビタミンCなどの保湿成分が含有されているものを選びましょう。

私のおすすめはたかの友梨が販売しているエステファクトのオールインワンです。特にパープルラインから出ている商品がしっとりしていて良いですよ。

足りなければ他の化粧品も併用する

肌の状態は人それぞれです。皮脂が過剰に出る人もいれば、同じ脂性でも皮膚の水分保有量が足りないために皮脂がたくさん出ている場合もあるのです。大切なのは自分の肌の特性や個性をしっかりと把握したうえでスキンケアをしていくという事です。

オールインワンジェルでケアしたけど物足りなさを感じる場合はその他の化粧品でしっかりと足りない分を補ってあげましょう。例えば浸透力に不安があれば、ブースターコスメや導入液をはじめに使ってから使うのもいいと思います。

その時に同じメーカーやブランドのものを使用してあげると相互互換や相性もいいと思います。オールインワン化粧品を使用したエイジングケアでは、自分の目指す肌の状態を想定してオールインワン化粧品を探し、その使い心地から足りない成分や働きを他の商品でサポートしていきましょう。

 

サイトマップ